揉み返し解消法
NST

5分で出来る解消法

揉み返しについて検索すると、解説や説明だけは溢れているが解消法や治し方となると何とも歯切れの悪い情報ばかり、要するに「ズバリこうする!!」というものが見当たらない。

それもその筈、揉み返しの定義や見解が曖昧で誰も本質を理解していないか明確にしたくない不都合があるかのどちらかだから明快な情報が出てくる訳がない。

しかし、実際には
揉み返しは5分もあれば簡単に治すことができる。

揉み返し解消法

深部を再度施術するだけで簡単に解消させる事ができる。

解消方法
揉み返しを治す施術方法
体を揺らさずに深部だけを強く押す

前項説明の深部をお座なりにして表層だけを刺激してしまった結果が揉み返しなのだから、表層には触れるだけにして深部のみを刺激し直すと言う、分かってしまえば拍子抜けする程単純な方法なのだがシンプルだからこそ論理の飛躍がないし理屈に矛盾もない。

参照
解消法の極意

科学的根拠

深部を刺激し直す解消法は

・すべての施術者が可能。
・対象者が誰でも可能。
・何度でも可能。
・発症直後も可能、後日でも可能。

以上の再現性と普遍性が科学的根拠(エビデンス)となるため、揉み返しは深部の刺激不足のせいで起きるものであると証明できる。

強い施術説の場合
微細血管の損傷や筋肉の炎症が起きた時に、どうして体調不良に至るのか

・作用機序が明らかになっていない。
・強くても必ず起きるものではない。
・どの程度が「強い」のか基準が不明。
・強いと分かっていても防げない。
・論理が飛躍している。
・解消法がない。

これらの状況から強い施術のせいで起きるとする説には科学的根拠(エビデンス)がない。

当然の事ながら施術の始めから深部が的確に刺激できていればそれ自体が起きないし、解消法も必要はない。

参照
人間の指や肘で押す・揉む、程度が強い刺激とは嗤わせる。